top > CSR > リスクマネジメント

リスクマネジメント

企業を取りまく潜在リスクは、無数に存在しています。当社では、それらに対応するリスクマネジメントの実施は、ステークホルダーへ対する義務と考え、最重要経営課題の一つとして取り組んでいます。

当社のリスクマネジメント活動は、「企業目的」の実現を妨げるリスクおよび緊急事態に対して迅速かつ的確に対応することによって、損失の最小化、業務運営の効率化を図り、企業価値の増大ならびに社会との調和に資することを目的とし、その目的に向けすべての社員が参加する全社的な活動として推進することを基本原則とする。

リスクの運用管理において、当社では以下の行動指針を定める。

(1)リスクの運用管理は、「基本原則」に沿って合理的に実施する。
(2)リスクの運用管理においては、アカウンタビリティと責任を明確化する。
(3)相反する利害に関しては「基本原則」に照らして対応を判断するとともに、アカウンタビリティと責任をより一層明確化する。
(4)アカウンタビリティと責任を持つ者を支援するため、必要な経営資源を割り当てる。
(5)リスクマネジメントの方針及び枠組みを定期的かつ状況変化に応じて評価し、改善する。

当社のリスクマネジメント活動は、以下のプロセスを反復継続していくことを基本とする。

(1)リスクアセスメント
  ①リスクの特定
   リスクの要因、リスク事象(周辺状況の変化を含む)、
   ならびにこれらによって起こり得る結果(損害等)を特定する。
   それを文書化し、リスクの包括的な一覧を作成する。
  ②リスク分析
   特定したリスクについて、結果および起こりやすさ、ならびにリスクのその他の属性を明確化する。
  ③リスク評価
   リスク分析の成果と、会社の状況を考慮して確定させたリスク評価基準に基づき、
   どのリスクへの対応が必要か、対応実施の優先順位はどうするのかについて判断する。
(2)リスク対応
   対応が必要と判断されたリスクに関し、対応策を検討し、実施方法を文書化する。
(3)モニタリング
   リスクマネジメント活動が適切に行われているか否かについて、モニタリングを実施する。
(4)レビュー
   全社的なリスクマネジメント活動についてレビューする。

CSR