top > 企業情報 > 沿革

沿革history

1951年昭和26年機械器具の設計制作を目的として広島市旭町に富士工業有限会社を設立
1952年昭和27年株式会社に改組 富士機械工業株式会社となる
1954年昭和29年日本専売公社(JT)より、たばこ製造プラントを受注
1959年昭和34年現在の地に本社を新築移転
1963年昭和38年米国ブランズウィック社と提携し、ボウリング競技用オートマチックピンセッターの製造開始
1969年昭和44年大日本インキ化学工業株式会社と提携し、DFP型ブリキ輪転印刷機の試作に成功
1970年昭和45年東広島市八本松町に新工場建設
1973年昭和48年西独マイレンダー社からの技術導入により金属用オフセット印刷機の開発に着手
1976年昭和51年販売部門を分離し富士機械商事株式会社を設立
自動車製造設備(車体溶接組み立て設備)の製造に着手
1978年昭和53年グラビア印刷機1号機完成
1980年昭和55年グラビア印刷機の営業サービス体制拡充のため富士機械工販株式会社を設立
1981年昭和56年独創的なカラーヘッド機構を装備した曲面印刷機1号機完成
1985年昭和60年新型金属印刷機(PRIMEXシリーズ)販売開始
1987年昭和62年コンピュータ制御システムを導入したビジネスフォーム輪転印刷機1号機完成
1990年平成2年コンピュータ応用機器、制御装置分野への進出を目的に技術研究を母体に (株)メタソフト・フジを設立
1992年平成4年機械メンテナンスの専門集団として株式会社富士メンテックを設立
1994年平成6年東京都葛飾区白鳥に東京支社を新築移転。営業とサービス工場を集約。
1995年平成7年堀削用小口径管推進機、ロックマンシリーズを製造開始
新タイプのビジネスフォーム印刷機、FNSシリーズを発表・販売開始
1996年平成8年印刷機械の海外展開推進のため、中国に合弁会社
「北京北人富士印刷机械有限公司」を設立
1997年平成9年通産省より新規産業創造技術開発費補助事業の採択を受け「水性塗工システム」 の開発に着手
押し出しラミネーターの商品化に成功
1998年平成10年機械加工の専門集団として富士マシン株式会社を設立
1999年平成11年業務効率化のための本社機能を東広島の八本松製作所に集約
2001年平成13年本社工場においてISO9001:2000認証取得
会社設立50周年
新エネルギー産業技術開発機構(NEDO)より、開発補助金の交付決定を受け 「無溶剤塗工システム」の開発に着手
2002年平成14年セクショナルドライブ方式のMD(マルチドライブ)型グラビア印刷機製造開始
本社工場においてISO14001:2004認証取得
2006年平成18年八本松製作所第二工場を金属印刷機の専用工場として稼動を開始
2007年平成19年精密薄膜コーティングシステム」の開発 NEDO開発助成事業に採択
全社においてISO9001:2000認証取得
2008年平成20年八本松製作所、八本松製作所第二工場においてISO14001:2004認証取得
2010年平成22年タイへ「THAI FUJIKIKAI Co., Ltd.」を設立
全社においてISO9001:2008へ移行
2015年平成27年経済産業省「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定
2016年平成28年MCD塗工装置が日本発明振興協会・日刊工業新聞社共催の 第41回発明大賞「考案功労賞」を受賞
会社設立65周年
2017年平成29年本社屋完成
企業情報
採用情報